2014年05月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

J2 第15節 カマタマーレ讃岐vsカターレ富山

相手はカマタマの1つ上、21位のカターレ富山

011_convert_20140525043209.jpg

久しぶりの夕方開催

032_convert_20140525043313.jpg

結果は…

315_convert_20140525043513.jpg

○カマタマーレ讃岐 2-1 カターレ富山●















●●●●●●●△△●●●●●○

15戦目にしてようやく初勝利

とにかく長かった…















J2最新順位表(5月24日現在)

1.湘南ベルマーレ 42
2.ジュビロ磐田 30
3.松本山雅 30
4.ギラヴァンツ北九州 25
5.ファジアーノ岡山 25
6.京都サンガ 23
7.大分トリニータ 23
8.水戸ホーリーホック 22
9.栃木SC 22
10.V・ファーレン長崎 21
11.モンテディオ山形 21
12.ジェフ千葉 21
13.愛媛FC 19
14.ロアッソ熊本 19
15.アビスパ福岡 19
16.FC岐阜 17
17.コンサドーレ札幌 16
18.ザスパクサツ群馬 16
19.東京ヴェルディ 14
20.横浜FC 13
21.カターレ富山 5
22.カマタマーレ讃岐 5















今日の採点

GK 瀬口 6.5 苔口のゴールはノーチャンス。中島のフリーキックを止めたところから流れが変わった。判断良く飛び出す場面があったり、味方への低い弾道のキックも正確で最少失点に抑えた。ケガがない限り次節もスタメン濃厚。

DF 小澤 5.5 サイドを攻め上がる場面がほとんどなく攻撃面で物足りなさを感じた。守備面は良かった。

DF 藤井 6 ミスらしいミスもなく安定した守備を見せた。昨シーズン不安だった自陣でのパス回しも安心して見ていられるようになった。

DF ソンハンキ 6.5 高さを生かし持留のセンタリングをヘディングで合わせ同点ゴールを決める。前半のうちに同点に追いついたことでスタジアム中が行けるかもという雰囲気になった。

DF 武田 6 センターバックの真ん中でディフェンスラインをコントロール。もっとグイグイチームを引っ張っていってもいい。

MF 持留 5.5 シュートの精度はかなり良くなってきたが、どうしてもシュートが枠に飛ばない。あと自陣で変なボールの取られ方をしてピンチを招く場面があった。プレーが軽すぎる。

MF 山本 5.5 後半足をつりながらも相手選手にチェイスできていた。イエローをもらった後はもう少し気をつけてプレーしたい。試合終了間際背後にいた相手選手に同点ゴールを決められそうになるが、シュートミスに助けられる。最後の最後まで集中したい。

MF 綱田 6 バランサーとしてチームに貢献。ただ前半はセカンドボールをほとんど拾えていたが、後半に入ってなかなか拾えなくなった。

MF 藤田 6 開幕戦以来のスタメン。混戦のゴール前でシュートを打つも相手選手にクリアされる。適性はボランチ○、サイドバック△。

FW 高木 5.5 チームの流れが悪いときにボールをキープしたりドリブルしたりしてチームを一旦落ち着かせた。追加点を取る決定的チャンスがあったが、ゴールに流し込むことはできなかった。

FW アンドレア 5.5 岡村の決勝ゴールをアシスト。あのセンタリングはアンドレア以外上げられない。ただオフサイドの網にひっかかり過ぎた。試合終了間際に肉離れっぽい倒れ方をしたのが心配。アンドレアの代わりはどこにもいない。

MF 岡村 6.5 後半途中の出場ながらもゴール前で上手くフリーになり、叩きつけるヘディングで値千金の逆転ゴールを決める。 今季2ゴール目。

DF 西野 - ケガのソンハンキに代わりセンターバックで出場。あの時間から急にあのポジションに入るのは難しい。

FW 我那覇 - 出場時間があまりにも短すぎて見せ場を作ることができず。次節こそ先発出場したい。

北野監督 6 縦ポンサッカーでもポゼッションサッカーでもどちらでも良いが、指示を徹底させることが大事。今日はアンドレアに早めに長いボールを入れる縦ポンサッカー寄りのサッカーだった。交代カードは岡村○、西野△、我那覇△。後半の頭から我那覇を投入し、勝ちに行くというメッセージを出してほしかった。またリザーブメンバーにDFが1人もいないのはさすがにまずい。今日野口がいたらソンハンキと交代できたはず。

















第16節 Vファーレン長崎vsカマタマーレ讃岐

5月31日(土) 長崎で13時キックオフ

今日はケガ人が3人(ソンハンキ、藤田、アンドレア)も出た

3人とも重傷ではないことを祈る

こんなときこそ残りの選手とサポーターでカバーするしかない

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment (-)

J2 第14節 愛媛FCvsカマタマーレ讃岐

また負けました

負けるのに慣れてしまった自分が嫌です















今日の採点

GK 瀬口 6.5 2失点はしたもののどちらも不運なものだった。相手選手との1vs1の場面も冷静な飛び出しで相手をストップ。終始ポジショニングの良さを見せた。1st瀬口、2nd森田、3rd石井で決まり。

DF 小澤 5.5 愛媛のサイド攻撃にかなり手を焼いていた。相手をつかみきれず振り切られる場面が多々見られた。

DF 藤井 6 高さで負けることはないが、ドリブルで仕掛けてくる相手にも上手く対処できるようになってきた。今後はディフェンスラインの中心的存在になっていきたい。

DF 野口 5.5 失った自信はまだ取り戻せていないが、少しずつセンターバックとしての試合勘を取り戻しつつある。適性はセンターバック○、ボランチ×、左サイドハーフ○、左サイドバック△、1.5列目△。

DF 武田 5.5 ロングスローが研究され始めた。今後はロングスローにもいろんな変化をつけてカマタマの得点源にしていきたい。

MF 持留 5 ボランチとして先発出場。味方へのスルーパスなど才能を感じたが、シュートの精度があまりにも悪すぎる。ホームランかあさっての方向に飛んでいくかのどっちか。適性はサイドバック△、ボランチ△、1.5列目△。

MF 岡村 6.5 ゴール前で2本決定的なシュートを打てた。守備でもいつも通りハードワークしチームに貢献。

MF 綱田 6.5 好不調の波が少なく計算できる選手。安定した守備でピンチの芽を摘み取り、前線へ良いスルーパスも供給できていた。

MF アンドレア 5.5 ふところが深くほとんどボールを取られずにサイドラインをドリブルで駆け上がるが、センタリングの精度があまりにも悪すぎる。あとシュートへの意識がもっとほしい。

FW 高木 5.5 カマタマの中で頭1つ抜け出た実力を持ちながらも決定的なチャンスを作るまでには至らなかった。サイドをドリブルで突破する場面は良かったが、フリーキックの精度が悪くセットプレーで得点の匂いはしなかった。

FW 我那覇 5 前線でタメを作るポストプレーは非常に良かったが、FWなのにシュートシーンがほとんど見られなかったのが残念。先制点を取りたい。

MF 大沢 5 ドリブルとキープ力で流れを変えたかったが、投入後逆に相手の方に流れが行ってしまった。フィジカルの弱さを補うためもっと速い球離れが要求される。

FW アラン 5 相手のスペースを突いていきたかったが、少し下がった位置でボールを受けてしまい監督の意図とは違ってしまった。ゴールへ向いて仕事をしたい。

FW 高橋 5.5 古巣相手でモチベーションがかなり高かったが、あの少ない出場時間では何もできない。次節は先発希望。

北野監督 5 ポゼッションサッカーに変貌させたのは良いが、チーム自体パス回しがそんなに上手くないのでミスパスから何度もピンチを招く。縦ポンサッカーもポゼッションサッカーもどっちもどっち。イタリアのキエーボがやったようなオフサイドトラップを仕掛けるような今までやってきたこととは全く違ったことをやらないとJ2では通用しないのかもしれない。現実的にはきっちり守ってショートカウンター+セットプレーでの質を高める+後半残り15分からパワープレーの作戦くらいしかないか?。交代カードは大沢×、アラン×、高橋△。高橋出すのが遅すぎた。今節のようにアンドレアをフル出場させられるのなら、今までの試合でももう少しアンドレアを引っ張るべきだった。アンドレアを交代させると相手はいつもホッとしている。野口と持留が活躍できるポジションを早く見つけたい。

















第14節 カマタマーレ讃岐vsカターレ富山

5月24日(土) 丸亀で19時キックオフ

逆天王山

『次節勝てなかったら降格だ』という強い気持ちで戦わなければ本当に降格する

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
Comment (-)

カマタマーレ讃岐vs東京ヴェルディ 今日の採点

J2最新順位表(5月9日現在)

1.湘南ベルマーレ 36
2.ジュビロ磐田 26
3.松本山雅 23
4.ギラヴァンツ北九州 22
5.V・ファーレン長崎 20
6.京都サンガ 20
7.栃木SC 20
8.大分トリニータ 18
9.FC岐阜 17
10.ロアッソ熊本 17
11.モンテディオ山形 16
12.水戸ホーリーホック 16
13.コンサドーレ札幌 16
14.ファジアーノ岡山 16
15.アビスパ福岡 16
16.ジェフ千葉 16
17.横浜FC 12
18.愛媛FC 10
19.ザスパクサツ群馬 10
20.東京ヴェルディ 9
21.カターレ富山 5
22.カマタマーレ讃岐 2














今日の採点

GK 石井 5 立ち上がりはバタついて落ち着いて見られなかったが、後半は1人退場になったこともありしっかり守れた。失点の場面はどうにかして外にかき出したかった。

DF 小澤 6 攻撃面で効果的なドリブルを見せ、いいアクセントになれた。守備もそつなくこなせていた。

DF 藤井 5.5 平本の体の入れ方が巧みで競り合いで上手くジャンプさせてもらえない場面が何度かあった。パワープレーでFWに入ってプレーするも得点にはつながらなかった。

DF ソンハンキ 6 彼のヘディングシュートはゴールラインを割っていたが、ノーゴールと判定されJ初ゴールは幻に…。守備は常に安定していた。

DF 武田 5.5 今日はディフェンスラインをしっかりコントロールできていた。ただ失点の場面は相手にもう少し詰められたはずだ。

MF 関原 5 ここ最近守備で良い働きをしていたが、前半の早い時間帯にイエローをもらい常に対応が後手後手になってしまった。ケガが少し心配。

MF 岡村 5.5 攻撃でも守備でもフル回転していたが、少し動きが重く疲れが溜まっているように見えた。

MF 高木 5 セットプレーで良いボールを蹴るものの得点には至らず。相手が退場になったときのフリーキックは高木が蹴った方が良かった。本田みたいにボールを奪ってでも蹴れ。

FW 西野 5 とにかく最初から全力プレーでチームを引っ張っていた。ただフォワードとしては何か物足りなかった。

FW 高橋 5.5 前半のスーパーボレーはスーパーだった。技術がないとあんなシュートは打てない。最近ヘディングで競り勝てなくなってきたのが心配。

FW 野口 5.5 前線のポジションで積極的にシュートまで持っていき、ゴールまであと一歩というヘディングシュートも見られた。あとは精神的な部分だけで自信を持ってプレーしてほしい。今はまだ一昨年の野口。

MF 大沢 6 やっとケガから帰ってきた。まだ試合勘が戻らないものの、ブランクを感じさせないドリブルで相手の脅威になれた。

MF 藤田 5 開幕戦以来の出場だったせいか目立った活躍は見られなかった。練習でもっと自分をアピールしていきたい。

FW 福家 5.5 何度かドリブルで仕掛ける場面があったが、上手く相手に対処されてしまった。ドリブルで仕掛けゲームの流れを変えるのが彼の役割。失敗を恐れないでほしい。

北野監督 5 コンディションの問題もあるかもしれないが、大一番にアンドレアとアランがベンチにもいないのはさすがに厳しすぎた。1人少なくなって藤井をFWに上げたにも関わらず、藤井へ長いボールを入れることを徹底させなかったのが良くない。交代カードは大沢○、藤田×、福家△。結果論だが福家のドリブルよりソンハンキのヘディングの方が得点の可能性があった。得点パターンはセットプレーくらいしか考えられないので、セットプレーにもっと磨きをかける必要がある。やはりポイントは野口の使い方。野口のメンタル面の改善が急務。早いうちに1ゴールを決めれば今日のポジションで大化けしそうな気もする。

















第13節 ザスパクサツ群馬vsカマタマーレ讃岐

5月11日(日) 正田スタジアムで16時キックオフ

GK瀬口、MF綱田、FWアンドレア、FW福家、FW我那覇のスタメン希望

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
Comment (-)

カマタマーレ讃岐vs東京ヴェルディ

昨日の小雨交じりの寒い天気とは違い本日は快晴

サッカー日和です

183_convert_20140506192822.jpg















試合の結果は…

●カマタマーレ讃岐0-1東京ヴェルディ○

404_convert_20140506191324.jpg

実力的に相手の方が1枚も2枚も上だった。

その上気持ちの部分で相手を上回ることができなかったら

絶対に勝つことなどできない。















唯一うれしかったことは

カマタマの選手紹介で藤田がコールされたときに

ヴェルディのサポーターから温かい拍手があったこと。

211_convert_20140506193055.jpg














12試合消化して0勝2分10敗。

得失点差-21の断トツの最下位。

いつになったらカマタマもこんな風に泳げるのか?

196_convert_20140506192928.jpg















次回は気が向いたら今日の採点

できるだけ書くようにがんばりますが、今はそんな気になれません

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
Comment (-)

サッカー界に広がる『バナナ』の輪

ダニエル・アウベスから始まったバナナの輪は…

長友、サネッティ、ネイマール、バロテッリ、フッキ、アグエロ、

スアレス、ダヴィド・ルイス、オスカル、ロベルト・カルロス、

プランデッリ監督、トニーニョ・セレーゾ監督に広がった
















007_convert_20140505223015.jpg

ちなみに今スタバでもバナナフェアやってます

おすすめはフレッシュバナナ&チョコレートクリームフラペチーノ

あと少しで終わるみたいなので急げー

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
Comment (-)

ここで勝たなきゃどこに勝つ?

改めてJ2最新順位表を確認すると…

1.湘南ベルマーレ 33
2.ジュビロ磐田 23
3.松本山雅 20
4.栃木SC 20
5.V・ファーレン長崎 19
6.ギラヴァンツ北九州 19
7.大分トリニータ 18
8.京都サンガ 17
9.FC岐阜 16
10.ロアッソ熊本 16
11.モンテディオ山形 15
12.水戸ホーリーホック 15
13.コンサドーレ札幌 15
14.ファジアーノ岡山 15
15.アビスパ福岡 15
16.ジェフ千葉 15
17.横浜FC 12
18.愛媛FC 10
19.ザスパクサツ群馬 9
20.東京ヴェルディ 6
21.カターレ富山 5
22.カマタマーレ讃岐 2















で次節からはJ2下位チームとの直接4連戦

5/6(火・祝) H 東京ヴェルディ(20位)

5/11(日) A ザスパクサツ群馬(19位)

5/18(日) A 愛媛FC(18位)

5/24(土) H カターレ富山(21位)

カッコ内は第11節終了時の順位















J2下位チームだがカマタマより格上なのは間違いない。

でもここで勝たなきゃどこにも勝てない。

しっかり良い準備をして試合に臨みたい。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
Comment (-)

京都サンガvsカマタマーレ讃岐

○京都サンガ4-1カマタマーレ讃岐●

両チームの間にはかなりの実力差があった。

まず個々の能力が全然違う。

とにかく歯が立たない。

カマタマは縦に長いボールを入れるだけ。

よく縦ポンサッカーと揶揄されるやつだ。

また常に京都にボールを支配されていた。

絶対的エースの大黒のプレーは全くサビついていなくて常に相手の嫌がるプレーをしてきた。

試合にならなかった。

何もできなかった。

完敗だった。

















J2最新順位表(5月3日20時現在)

1.湘南ベルマーレ 33
2.ジュビロ磐田 23
3.松本山雅 20
4.栃木SC 20
5.V・ファーレン長崎 19
6.ギラヴァンツ北九州 19
7.大分トリニータ 18
8.京都サンガ 17
9.FC岐阜 16
10.ロアッソ熊本 16
11.モンテディオ山形 15
12.水戸ホーリーホック 15
13.コンサドーレ札幌 15
14.ファジアーノ岡山 15
15.アビスパ福岡 15
16.ジェフ千葉 15
17.横浜FC 12
18.愛媛FC 10
19.ザスパクサツ群馬 9
20.東京ヴェルディ 6
21.カターレ富山 5
22.カマタマーレ讃岐 2
















今日の採点

GK 石井 5 J初出場。立ち上がりこそ良かったが、その後はポジショニングが悪く大黒にループシュートを決められてしまう。味方選手とのコミュニケーションが取れず苛立つ場面が目立った。

DF 沼田 4.5 相手選手との競り合いの際にひざを立ててジャンプするので相手選手がよく傷んでいた。常にバタついた感じがして安心して見られない。

DF 藤井 5.5 高さでは負けないがスピードでは勝てない。京都の裏を狙った飛び出しに常に手を焼いていた。

DF ソンハンキ 5 大黒の技術とスピードに圧倒されてしまった。大黒はJ2では反則だ。

DF 武田 5 試合序盤の5バックのときに上手くディフェンスラインを統率できずに2失点してしまった。また累積3枚目のイエローカードもらいリーチがかかってしまう。彼のロングスローはもはやチームに欠かすことのできない武器の1つ。

DF 森保 5.5 J初出場。緊張したかもしれないが、問題なくすんなり試合に入れた。大きなミスもなかったが、これといった活躍も見られなかった。

MF 山本 5.5 ガツガツ前から積極的な守備を見せたものの、京都の見事なパス回しに翻弄されてしまった。別のチームとの対戦なら機能したはずだ。決して悪くはなかった。

MF 綱田 5 守備では毎試合渋い仕事ができているが、後半に不用意なパスミスでピンチを招く場面があった。

FW 西野 4.5 前からの献身的な守備でチームに貢献するものの、攻撃面での迫力にいつも欠ける部分がある。FWで出場する限り常にゴールを意識してほしい。

FW 高橋 5 後半始まってすぐの決定的チャンスにトラップミスしシュートにも行けなかった。

FW アンドレア 5 チームのキープレーヤーとして研究されて、バヤリッツァに上手く封じられた。FKの場面で不用意に手を上げPKを取られてしまった。ドリブルしているアンドレアのフォローに誰も行ってあげないところがいつもかわいそうで仕方がない。そりゃ最後にボールを奪われるわ。

MF 岡村 6 後半頭からの出場。前目でプレーし守備をしながら得点のチャンスを狙う。試合終了間際に意地の1点。今日は完全休養でもよかったのに…。

DF 持留 5 シュートの精度が悪い。終了間際のシュートはフリーだったので決めてほしかった。気持ちを前面に出したプレーが見たい。

Df 野口 5.5 野口の新しいポジションを模索中。前線からの守備と正確な左足のクロスとシュートを生かせるポジションが良いが…。試合終了間際のミドルシュートはとてもよかった。彼の活躍なしにカマタマの残留は絶対にありえない。

北野監督 4.5 まず5バックというシステムに問題があった。大黒をDF3枚で見るのに無理がある。交代カードは岡村△、持留△、野口△。意図がよく分からない。複数得点の可能性は極めて低いので、途中から主力メンバーを休ませて次の東京V戦に備えた交代策でもよかったかもしれない。全試合勝ち点を取りに行くと全試合負けてしまう恐れがある。とにかくこの試合は何もできずに終わってしまった。

















第12節 カマタマーレ讃岐vs東京ヴェルディ

5月6日(火・祝) 丸亀で16時キックオフ

絶対に負けられない戦いがそこにはある。

順位的にも負けられないが、もう1つの理由で絶対に負けられない。

あのときの借りは試合で返す。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
Comment (-)

5月こそは…

3月

3/2(日) A ●1-3 FC岐阜

3/9(日) H ●1-4 ジュビロ磐田

3/16(日) A ●0-1 大分トリニータ

3/22(土) H ●0-5 松本山雅

3/30(日) A ●1-2 ギラヴァンツ北九州















4月

4/5(土) H ●0-1 栃木C

4/13(日) A ●1-4 ロアッソ熊本

4/20(日) H △1-1 アビスパ福岡

4/26(土) A △1-1 ジェフ千葉

4/29(火・祝) H ●0-1 横浜FC















今日の試合から新しい月に入る。

気持ちをリセットするにはもってこいだ。

5月こそは勝利がほしい。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
Comment (-)

京都サンガ戦 予想スタメン

四国新聞の予想スタメンですが

GK森田、MF岡村、DF小澤、DF武田に代わり

GK瀬口、MF山本、DF沼田、DF森安をスタメンと予想していた。

フレッシュな選手もいるし楽しみだ。

かなり守備的で勝ち点1を目指しているように見える。

5/6(火・祝)東京Vとの試合で勝ち点3を狙っているようにも感じた。

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
Comment (-)

カマタマーレ讃岐vs横浜FC

試合に負けるとブログを更新する気にもなれません

ただ採点を心待ちにしている方が1人でもいる限り更新しない訳にはいかないので

チェルシーvsアトレティコの試合を見ながらブログを書いています
















●カマタマーレ讃岐0-1横浜FC○

J2最新順位表(5月1日7時現在)

1.湘南ベルマーレ 30
2.ジュビロ磐田 20
3.V・ファーレン長崎 19
4.松本山雅 17
5.栃木SC 17
6.ギラヴァンツ北九州 16
7.水戸ホーリーホック 15
8.コンサドーレ札幌 15
9.ロアッソ熊本 15
10.アビスパ福岡 15
11.大分トリニータ 15
12.京都サンガ 14
13.ファジアーノ岡山 14
14.FC岐阜 13
15.モンテディオ山形 12
16.横浜FC 12
17.ジェフ千葉 12
18.愛媛FC 10
19.ザスパクサツ群馬 9
20.東京ヴェルディ 6
21.カターレ富山 5
22.カマタマーレ讃岐 2



















今日の採点

GK 森田 5.5 失点の場面はキーパーはどうしようもなかった。強烈なミドルシュートを止めるなどチームに貢献したが、ここまでの出場8試合を見て守備範囲が狭い、高さはあるのにコーナーキックからのハイボールにやや弱い、キックの精度がいまいちなどいくつか課題を残した。

DF 小澤 6 調子の波が少なく計算できる選手。疲れなどを考慮したローテーションやケガがない限り次節もスタメンは確実。

DF 藤井 6 チームの得点で1番可能性がありそうなのはセットプレーから藤井かソンハンキのヘディング。もっともっと精度を磨いて有言実行のシーズン5得点を目指してほしい。

DF ソンハンキ 6.5 足元も空中戦もほとんどミスなくこなし存在感を示す。チームの失点数が減ってきたのは彼が入ってチームの守備が安定したから。彼がいなかったらと思うとゾッとする。

DF 武田 5.5 体を張った守備が非常に良かった。ロングスロー以外の攻撃面でもっとアピールしたい。

MF 岡村 5.5 セカンドボールを拾えずほとんどが相手ボールになってしまった。これまでの疲労が出てきているので少し休みがほしい。

MF 関原 6 相手と間合いを取り簡単にサイドを破らせなかった。粘り強い献身的な守備で前節よりも良かった。ただ試合終了間際疲れがピークに達しフレッシュな選手に得点を許してしまった。

MF 綱田 5.5 前節があまりにも良かっただけに今節は物足りなく感じた。次節に期待。

MF 高木 4.5 今日の負けは高木が最初のチャンスで決められなかったから。せめて枠には飛ばしたかった。カマタマの中で最も期待しているからこそ今日はこの点数。

FW 高橋 5.5 前線からの守備で相手にプレッシャーをかけ、またフリーキックではスリッピーなピッチを生かし低い弾道のシュートでゴールを狙うが不発に終わる。FWはゴールがすべて。

FW アンドレア 6 本職ではないFWのポジションをしっかりこなしていた。アンドレアのキープ力とドリブルとフィジカルは常に相手の脅威となったが、得点を取りそうな雰囲気はほとんどなかった。やはり後半はスタミナ切れで途中交代となってしまった。

FW 福家 5 アンドレアに代わって途中出場したが、相手に恐怖を与えることができなかった。相手DFはアンドレアの方が守りにくかったに違いない。

DF 沼田 5 何もできなかった。よく分からないポジションでの出場なので仕方がない。

DF 持留 5.5 少ない出場時間では実力を出し切ることはできなかった。遠目からのシュートの精度をもう少し上げたい。

北野監督 4.5 ベンチにFWが1人しかいない苦しい台所事情なのは分かるが、交代カードが全く機能しなかった。福家×、沼田×、持留×。アンドレアの交代は6回まで好投していた先発投手をスパッと交代させたが、その後リリーフ陣があっさり打たれたような感じ。流れを変えるどころか逆に流れが相手に行ってしまった。70分以降は野口など守備的な選手を投入しガチガチに守りたかった。沼田の投入は守るのか攻めるのかはっきりせず、選手たちはどうすればいいのか困ってしまったはずだ。名古屋の闘莉王や甲府の盛田のようにヘディングが強いDFを1トップに置き、長いボールを入れその選手がすらしアンドレアや福家やアランのようなスピードのある選手がゴールに流し込むみたいな今までとは全く別の闘い方をやっていかないとこのまま降格してしまう。野口をどのポジションで起用していくかが今後の鍵となりそう。

















第11節 京都サンガvsカマタマーレ讃岐

5月3日(土・祝) 西京極で18時キックオフ

本気で昇格を目指している強いチームとのアウェーゲームなので勝ち点1取れたらいいが…

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
Comment (-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。