スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

カマタマーレ讃岐vsアビスパ福岡

大変お待たせいたしました

次節のアウェーは1時間以内にアップいたします

262_convert_20140424025302.jpg

△カマタマーレ讃岐1-1アビスパ福岡△

終了間際に福家のゴールで何とかドローに持ち込み初の勝ち点をゲット
















J2最新順位表(4月24日現在)

1.湘南ベルマーレ 24
2.V・ファーレン長崎 17
3.ジュビロ磐田 14
4.松本山雅 14
5.栃木SC 14
6.コンサドーレ札幌 14
7.京都サンガ 13
8.ギラヴァンツ北九州 13
9.ロアッソ熊本 13
10.アビスパ福岡 12
11.水戸ホーリーホック 11
12.ジェフ千葉 11
13.大分トリニータ 11
14.FC岐阜 10
15.モンテディオ山形 9
16.愛媛FC 9
17.横浜FC 9
18.ザスパクサツ群馬 9
19.ファジアーノ岡山 8
20.東京ヴェルディ 5
21.カターレ富山 2
22.カマタマーレ讃岐 1



















今日の採点

GK 森田 6 城後のシュートはほぼノーチャンス。平井の股抜きシュートを冷静にブロックするなどよく最少失点で抑えた。この調子だと次節も期待できる。

DF 小澤 6 サイドを何度も駆け上がり積極的な攻撃参加を見せた。失点の場面は城後を何とか上手く止めたかった。

DF 藤井 6.5 自信を持ってプレーできている。ディフェンスはもちろんセットプレーの場面でも高さを生かし相手の脅威となった。どんどん成長していて今後が楽しみ。

DF ソンハンキ 6 高さで負けないのは分かっていたが、正確なフィードができることに驚いた。コミュニケーション不足はまだ解消されていない。今後の課題。

DF 武田 6.5 ロングスローで多くのチャンスを生み出す。守備もそつなくこなし安定していた。

MF 岡村 6 セカンドボールをしっかり拾えていた。好不調の波が少なく常に計算できる選手だ。

MF 関原 5.5 攻撃よりも守備で貢献していた。攻撃ではもう少し自分から仕掛けていき相手から恐がられる存在になってほしい。

MF 持留 5.5 高木のコーナーキックをダイレクトシュートするも相手にブロックされる。決定的チャンスが何度もあったがふかしたり右に外したりまたふかしたりシュートの精度は今一つ。全体的に何か物足りない。

MF 高木 6.5 いつも通りボールをほとんど取られない。セットプレーで精度の高いキックを何度も見せチームのチャンスを演出。さすがの一言。

FW 我那覇 5 1点ビハインドの前半途中で交代。今日の出来では交代も仕方ないか?

FW 西野 6 キャプテンマークをつけ久々にFWで先発。ゴールこそならなかったが気持ちのこもったプレーでチームに貢献。熱くなりすぎてカードをもらわないかヒヤヒヤしてしまった。

FW アラン 5.5 投入後少し流れは良くなったが、決定的チャンスを作るまでには至らなかった。前線からのチェイスとスペースを見つけ猛ダッシュし相手選手をかなり疲れさせた。次節こそゴールに期待。

FW 福家 6 横浜FMの齊藤学のようなサイドから中に切れ込んでのシュート。チームに初の勝ち点をもたらす値千金の同点ゴール。地元選手だし華もあるし人気が出ること間違いなし。ただフィジカルだけが今後の課題か。

DF 野口 5 ボランチで出場。やり慣れないポジションでかなり戸惑っていた。彼の適性は左サイドハーフだと思う。今日の持留のポジション。ただDFの人数を考えるとセンターバックで起用するのがベスト。野口、藤井、ソンハンキを上手くローテーションするのが良さそうだ。

北野監督 6 いつも早い時間帯に失点していたが、相手の決定力不足にも助けられプランが崩れずに済んだ。前節までと違いセットプレーでかなりの工夫がみられ、今までと比べると得点の匂いがかなりした。失点された後すぐにアランを投入し積極采配が実を結ぶ。交代カードはアラン○、福家○、野口△。野口投入の意図がいまいち分からなかった。今後の野口の起用法が気になるところだ。

















第9節 ジェフ千葉vsカマタマーレ讃岐

4月26日(土) フクアリで16時キックオフ!!

昨年天皇杯で●0-5で大敗した相手

あれからカマタマはどれだけ成長したのか?

にほんブログ村 サッカーブログ カマタマーレ讃岐へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Comment (-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。